不燃木材の注意点 デメリット 白華現象について

不燃木材をご検討いただく際の注意点やデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか
このページでは特に、施工後に問題となりうる 白華(はっか)と呼ばれる現象についてご説明します
これから不燃木材をご検討いただく皆様の参考となりましたら幸いです

不燃木材とは、実際にどういった商品かは聞かれたことがない方も多いのではないでしょうか。
また法律が関わる為、調べれば調べるほど難しいと感じてしまった方もいらっしゃるかもしれません。
このページでは不燃木材はどういったものかを簡単にご紹介いたします

不燃木材をご検討いただく際の注意点やデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか
このページでは特に、施工後に問題となりうる 白華(はっか)と呼ばれる現象についてご説明します
これから不燃木材をご検討いただく皆様の参考となりましたら幸いです

不燃木材の注意点、白華現象とは

別ページでもご紹介させていただいておりますが、不燃木材はムクの木材に難燃薬剤を含浸して製造しております
よく耳にする「白華現象」とは、注入した薬剤が使用環境に順応し調湿を行う過程で、
表面に薬剤が析出し乾燥、結晶化することを指します。
一般的に使用される薬剤が結晶化した場合、多くの場合白く粉が付着した状態になることから「白華」とよばれます
(使用薬剤の種類によっては、白くなる具合が少なく、べたつきた生じるなど特徴が違う場合がございます)

白華が発生した場合の対応方法(無塗装の場合)

無塗装の不燃木材の場合、析出した薬剤が結晶化し表面に粉をふいたような状態で付着しております
この場合、固く絞った濡れ布巾などで表面を吹き上げていただけますと白華は取り除けます

周辺環境との調湿により、薬剤が析出することから、高湿度環境での連続下ではない場合、
再度白華が起こる可能性は高くはありませんが、近年の集中豪雨や猛暑など不安定かつ突発的な
環境の変化によっては再度白華が起こる可能性もあります

白華することで、性能に問題は生じるのか (性能低下の不安)

白華は薬剤が木材表面に出てき.たものとご説明いたしました
この際に皆様からよく御問合せいただく点としまして性能の低下があります

この点に関しましては、弊社としましては通常使用環境下で起こりえる白華の場合、白華後も品質に関してはご安心いただけるものと考えます
過去にあった抜き打ち検査での性能不足から、当社をはじめ不燃製造メーカーは性能不足にならないよう安全地を見て必要量以上の薬剤を含浸しています。
また製造工程においては、一枚一枚、重量管理を行うことにより、薬剤注入量を管理しております

まとめ

・白華とは、木材の調湿作用により、含浸された薬剤が表面に現れる現象

・白華が発生した場合は、固く絞った布巾などで拭き取る

もし白華が発生したとしても、あらかじめ十分な薬剤が含浸されているので、性能は保持されている

不燃木材とは、薬剤処理を施した木材です
通常の火災では一定時間、燃焼・変形せず、有毒なガスを発生しないなどの特性があります
耐火時間によって性能等級があり、「不燃(20分)」「準不燃(10分)」「難燃(5分)」の3種類に分類されます

こちらのページも合わせてご確認下さい

ご不明点や御見積りがございましたら、下記連絡先 又は お問合せフォームにてお気軽にお問合せください

株式会社オムニツダ

〒460-0011名古屋市中区大須4丁目9番21号

052-242-4111

052-242-4114